【天気痛(気象病)】雨や台風での体調不良はどうしておこる?

query_builder 2022/09/05
腰痛肩関節痛女性股関節痛全身
2315864_s

台風の多い時期になり、ぐずぐずとした天気が続いています。

こういう天気の日は、いつもより体調がすぐれなかったり、頭痛や関節の痛みが出る方が多くいます。

 

こんにちは。川崎市の京町通り整骨院です。

今回は、天気痛(気象病)についてお話しします。

 

<天気痛(気象病)とは?>

正式な医学用語ではないですが、天気や気候の変化に伴っておこる体調の不調のことを気象病といいます。

特に多いのは頭痛やめまいですが、現在持っている症状が悪化する方も多くいらっしゃいます。


台風が近づくと、気圧の変化のためか片頭痛がする。

雨の日は古傷が痛む。

気温が下がると、ぜんそくの発作が起こりやすい気がする。

曇天や雨が続くと、うつがひどくなる。

このような気象の変化が影響したとみられる不調は意外に多くあります。

また、脳血管疾患や心疾患、腰痛や関節痛のほか、首・肩こり、更年期障害、歯周病などの症状が悪化する方、イライラなど精神的な不調が出る方もいます。


ロート製薬株式会社と株式会社ウェザーニューズは共同して調査した「天気痛調査2020」によると日本人の約6割が天気痛の自覚症状があり、女性では約8割の方が天気痛で悩んでいるという結果が出ています。

<原因は?>

気象病は、気圧・気温・湿度など気象の大きな変化による自律神経の乱れが最も関係しているといわれています。

特に、気圧の変化による影響が大きく、その中でも気圧が低下するときに頭痛などの症状が出やすいと言われています。


これは、天気の崩れによって気圧センサーがある内耳の前庭器官が気圧の微妙な変化を感じ取り、その情報が脳に伝わる過程で自律神経に乱れが生じ、結果として痛みや不調が出てくることがあるということです。



また、気圧の低下により血管の拡張が起こり周りの神経を圧迫することにより痛みが出ているともいわれています。

女性の場合、ホルモンの関係でも自律神経の乱れが起こりやすいので、気象病は女性の方が症状起こりやすいと考えられています。

 

 

 

次回、天気痛(気象病)の対策についてお話します。



 

参考:中部大学の佐藤純教授(愛知医科大学客員教授)のグループの論文

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0211297

天気痛調査2020

https://weathernews.jp/s/topics/202007/070165/

----------------------------------------------------------------------

京町通り整骨院

住所:神奈川県川崎市川崎区京町2-24-2 2-1F

電話番号:044-767-7668

----------------------------------------------------------------------