【熱中症】早めの暑熱順化で熱中症対策を!

query_builder 2023/06/05
女性全身
4078625_s


今年の夏も暑くなるようですね。

暑い夏に気になるのが「熱中症」です。

こんにちは。川崎市の京町通り整骨院です。

今回は、熱中症対策の1つである暑熱順化についてお話します。

 

突然気温が上昇した日や湿度の高い蒸し暑い日が発生する5月~6月頃から、熱中症による救急搬送が多くなります。

感染予防にも配慮し、熱中症予防対策をしましょう。

 

本格的に気温が高くなる前からできる熱中症予防として『暑熱順化』があります。

 

<暑熱順化とは?>

体が暑さに慣れることです。

暑い日が続くと、体は次第に暑さに慣れて(暑熱順化)、暑さに強くなります。

 




<熱中症のメカニズム>

人は体を動かすと体内で熱が作られて体温が上昇します。

体温が上がった時は汗をかくことで、体にたまった熱を下げようとして体の温度調整を行います。

この温度調整がうまくできなくなると、体に熱がたまったままになり熱中症が引き起こされます。

 

暑熱順化がすすむと、発汗量や皮膚血流量が増加し、発汗による気化熱や体の表面から熱を逃がす熱放散がしやすくなります。

 

<暑熱順化の具体的な対策>

暑くなる前から日常生活の中で運動や入浴をし、汗をかく練習をし、体を暑さに慣れさせていきます。

個人差もありますが暑熱順化には、数日から2週間程度かかります。

熱くなる前から暑熱順化のための動きや活動を始め、暑さに備えましょう。

 

・ジョギングやウォーキング

  目安として、ウォーキングの場合の時間は130分、ジョギングの場合の時間は115分、頻度は週5日程度です。


・サイクリング

  目安として、時間は130分、頻度は週3回程度です。

 

・ストレッチ・筋トレ

  目安として、時間は130分、頻度は週5回~毎日程度です。

 

・入浴

  湯の温度が高めの場合には時間は短め、湯の温度が低めの場合には少し長めの入浴することがおすすめです。

目安として入浴の頻度は2日に1回程度です。

 

せっかく一度暑熱順化ができても、数日暑さから遠ざかると暑熱順化の効果はなくなってしまいます。

自分が暑熱順化できているかをいつも意識し、まだ暑熱順化できていない時には、特に熱中症に注意するようにしましょう。

夏の暑い時期以外にも熱中症のリスクは潜んでいます。

 

暑さに対して気がゆるみそうな「梅雨の晴れ間」「梅雨明け」「お盆明け」「運動会シーズン」は特に注意が必要です。

 

汗をかく練習をする際は、スポーツドリンクや麦茶などこまめな水分補給を忘れず、無理をせずに行いましょう。

 

<暑熱順化チェック>

最後にご自身が行っている暑熱順化を点数化してみましょう!!

1 入浴(湯船に入る) 点数
2日に1回以上入浴している 3
週に3日入浴している 2
週に1,2日入浴している 1
入浴することはほとんどない 0


2 運動(汗をかく程度のもの)  点数
週に5日以上している 3
週に3,4日している  2
週に1,2日程度している 1
運動はほとんどしていない 0


3 その他の汗をかく行動

    (運動・入浴以外の外出など)

点数
週に5日以上あった 3
週に3,4日程度あった 2
週に1,2日程度あった 1
汗をかく機会はほとんどなかった 0


1~3すべての点数を合計して

7~9点 … 暑熱順化できているかも。

                でも熱中症対策は忘れずに!


4~6点 … 複数の習慣で汗をかくことができています。

         継続が大切!


3点   … 汗をかくことを習慣づけ、 

         暑熱順化していきましょう。


1~2点 … からだが暑さに慣れていないかも。

                熱中症に注意!


0点   … からだが暑さに慣れていない状態。

                熱くなる前に暑熱順化を!



いかがでしたか?

暑熱順化の程度をチェックし、これからの夏本番に向けて今から元気な身体をつくっていきましょう。


----------------------------------------------------------------------

京町通り整骨院

住所:神奈川県川崎市川崎区京町2-24-2 2-1F

電話番号:044-767-7668

----------------------------------------------------------------------